「へりなし半畳納めてきました」

 

おはようございます。
「株式会社ヤスダ2代目 保田勝博」です。
昨日、無事帰宅できましたでしょうか?
私の場合、JRが止まってしまい本当に大変でした。
台風の日は、身の安全とともに「帰宅できるのか?」を考えることも大事ですね。

今週木曜日に「ヘリなし畳」を納めてきました。
最近は「へりなし畳」をされる方が増えてきています。「琉球畳」ともよく呼ばれていますが
「ヘリなし畳=琉球畳ではありません」琉球畳とは七島イ草を目積織で織った畳表のことです。
七島イ草は普通のイ草と比べて強度があり「へりをつける必要がなかった」そうです。
ただ、七島イ草は希少で値段が高くなります。そこで手に入れやすい価格で琉球畳の雰囲気を持った畳として
ヘリなし畳が誕生しました

ここでお客様からよくある質問です
[ヘリなし畳が高いのはどうして?]

琉球畳やヘリなし畳が高いのは寸法合わせや加工技術が難しく
1日での生産量が限られていることや材料価格が高いことです。


[作り方 一部紹介]

ヘリなし畳をイ草で作る場合は曲げる場所を水で湿らして柔らかくしてから曲げます。
ヤスダはスチームを使います。

畳床に折り曲げた畳をかぶせる感じで縫います

縫い終わり→ここが大事なポイントです。

機械で縫います

ゴムハンマーで揃えます

出来上がり

以上です。
何かご不明な点があればお気軽にお電話ください。
2代目 保田勝博

 


創業50年目の畳専門店
株式会社ヤスダ  

住所:兵庫県神戸市西区高塚台3丁目2-4(西神工業団地内)
TEL:(078)991-2563

 

関連記事

  1. 【初心者】畳替えをお考えのあなたへ

  2. 「神戸・西区・押部谷・古い畳・処分」

  3. 「へりなし畳の値段が高いワケ」

  4. 「畳の値段の違いってなに?」

  5. 「Q.どんなときに畳替をしますか?」

  6. 「お客様からよくあるタタミの質問!!」