プロが教える!畳の寿命を10年長持ちさせるテクニック

①畳のお掃除は〇〇〇で!
西区にお住いのお客様のお話です。

ある日、電話で畳の相談をいただき
後日、お客様のお家にお伺いしました。

お使いの畳は10年以上経っているので
奥様はそろそろ畳替えをしたいとおっしゃられていました。

しかし、私が見る限りまだ畳を替える必要がなくとても綺麗な状態でした。
確かに良質な畳だということもあるのですが、ささくれもなくとても艶があるのです。

私たち畳屋では知らない主婦ならではの
「長持ちする方法を知っているのではないか?」と思ったのでさっそく
奥様にお聞きしました。

すると奥様はホウキで掃除していらっしゃるということでした。
しかも!お使いのホウキの値段は◯万円だったそうです。

やっぱり自然のものは自然の素材を使ったもので
掃除をするのが良いんですよね〜。
ホウキだと良い運動にもなりますし!

実は、掃除機だと強く力を入れてしまいヘリや表面が傷みやすくなります

そうはいっても、なかなかホウキで掃除するのは大変ですよね!
なので、掃除機を使う場合は優しくするのを心がけてください。
これだけで畳は長持ちします。

②モノをなるべく置かない
畳の上に家具やテーブルを置くとどうしても凹みの原因となります。
なるべく、畳の上にはモノは置かないようにしましょう。

テーブルの尖った脚にはクッション(ダンボール)を挟むと良いでしょう。
そうすれば、畳の凹みも大丈夫です。

③ヒーターには気をつける
冬場よく使うのがファンヒーター。
畳には適度に水分が含まれています。

しかし同じ場所で長い間使い続けると表面が乾燥してしまいサカムケの原因となります。
そのためにも適度にファンヒーターの場所を変えましょう。

おまけ 床下の湿気の確認
畳の大敵は湿気です。
特に畳を替えたばかりの時はカビが生えやすくなっています。

床下の湿気の確認をしてみましょう。
床下は暗くて危険なので畳替え前なら畳屋さんにお願いしてみると良いですよ。

 

====================================
畳の保田
神戸市西区高塚台3丁目2−4
℡0120−88−2563
保田貴政

[営業時間]9時〜18時
[定休日]日・祝
メール:info@tatami-yasuda.com(24時間受付中)
お気軽にお問い合わせください!!
======================================

関連記事

  1. 【第4章】パート2 小学生でもできる!畳の見分け方

  2. 【番外編】畳のヘリを踏んではいけない理由・今更聞けない床の間のルール

  3. 「赤ちゃんにも安心!!神戸の国産畳取扱店」

  4. 損したくないあなた必見!知って得する畳の選び方

  5. 【続き】知って得する畳の選び方2

  6. 【第4章】パート4、知らなきゃまずい神戸の気候に合った畳替え