畳のカビの対処方

カビ菌はダニと同じで高温多湿の環境を好み梅雨の時期はカビ菌が繁殖しやすくなります。
そこで、そんなカビでお悩みの方にお手入れ方法をお伝えしましょう。

軽度場合は掃除機で吸う
まずは天気の良い日に窓を開けましょう。
そして掃除機はカビが舞い上がらないように、本体を手で持ちましょう。
掃除機でカビを吸い取ってからタオルでからぶきします。これで軽度のカビは取れます。

重度の場合はアルコール
タオルに染み込ませ畳の目に沿って強く拭き取りましょう。
歯ブラシでも良いですが優しく畳を傷めないように心がけてください。

その後掃除機で吸い取りましょう。最後にから拭きします。
可能ならば畳を引き上げて天日干しをしましょう。

畳を引き上げる時の注意点
畳を引き上げる時はドライバーなどで畳を傷つけないように
慎重に行なってください。

そして畳には位置が決まっています。
畳の裏に印などをつけて天日干し後、元の位置に戻せば
綺麗に畳は治ります。

畳は思った以上に大きくて重たいので
くれぐれも引き上げる時は注意してくださいね。

最後に、、、、
カビが最も生えやすい環境はご存知ですか?

実は畳の上にカーペットを敷くことなのです。

上の写真を見てください。
棉みたいな所が水分を吸収します。

お部屋が乾燥してくると吸収した水分が
放出されるのですが

カーペットを敷いているとうまくイグサ自体の換気が行えず
湿気などが溜まってカビが生えてしまうということなんですね。

 

====================================
畳の保田
神戸市西区高塚台3丁目2−4
℡0120−88−2563
保田貴政

[営業時間]9時〜18時
[定休日]日・祝
メール:info@tatami-yasuda.com(24時間受付中)
お気軽にお問い合わせください!!
======================================

 

 

関連記事

  1. 【勉強会】セキスイさんのMIGUSAショールームへ

  2. 西区畳張替えとカビ対策

  3. 【畳の専門知識】畳には品種があります(上級者向け)

  4. 畳ができ上がるまで 〜表替え編〜

  5. 畳の歴史

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。