畳表替え時期

どうも、こんにちは!!
畳のヤスダ、保田貴政です。

今回は畳替えのオススメ時期についてご紹介します。
今から畳を替えようとお考えのあなた。

畳替えは必ず閑散期を狙ってください

例えば、引っ越し屋さんなら3月・4月が繁忙期ですよね?
この時期は値段も高くなるし条件も厳しくなります。

また家族みんなで旅行に行く際も
土曜日や日曜日だと人が多く、しかも休日料金。
平日に行くとお得に楽しめますよね。

実は畳替えにもこのようにお勧めの時期があります。
果たして閑散期はいつなのか?
ぜひ最後までご覧ください。

オススメ時期

・お勧めの時期はズバリ!!
1月・2月・8月です。
お店によりますがこれらが閑散期になります。

1月と2月は気温が寒く、8月は気温が暑いので
どうしても畳を替える方は少なくなります。

この時期になるとお店がセールをする確率も高くなります。
チラシやネットは必ずチェックしましょう。

・繁忙期は?
畳屋さんの繁忙期は3月・4月・10月・12月です。

繁忙期は、やはり引っ越しシーズンと年末。
この時期はできれば避けましょう。

畳は手仕事なので急いで作ると流れ作業になってしまい見落としも多くなります。
畳はより手間暇かけて作ってもらう方が絶対に得です。

・畳替えは1月・2月・8月がベスト

不向きな時期

畳替えに不向きな時期ってあるのは知ってました?
実は梅雨時期です。

畳は湿気に弱いのはご存知でしたでしょうか。

湿気が多いと畳にカビがはえる原因になります。
また、畳が水分を含むと品質には問題はないのですが
膨れて綺麗に納まりません。

・梅雨時期は畳替えは避ける

張り替えのタイミンング

No.1 10年以上替えていない
No.2 ささくれている
No.3 来客がある

10年以上畳を替えておらず畳にささくれがあるなら
それは張り替えの時期になります。
また、畳縁(フチ)が破れてきているのも張り替えのタイミングです。

畳を替えるだけでも、お部屋が明るくなります。
また最近の畳屋さんはサービスも充実しているのでお客様の手間はかからず簡単にできます。

悩んでいる方はぜひ畳替えをオススメします。

畳替えの日数

畳替えって面倒でしょ?』
『畳を持って帰られたら寝られない』
『和室に家具がたくさんあるし・・・』
皆さん同じの悩みをお持ちです。

でも、安心してください。

最近の畳屋さんのほとんどは
・最短当日仕上げ
・家具の移動もお任せ
このようなお店が増えてきました。

なぜなら昔とは違い機械を導入しているお店が増えたからです。
それにより時間が短縮され、家具の移動や掃除のサービスに時間を
確保することができるようになりました。

お店によっては当日仕上げや、家具の移動は
オプション料金になることもあるので確認するようにしましょう。

最後に・・・

いかがでしたか?
これで畳の張り替えの時期やタイミングがおわかりいただけたかと思います。

何度も言いますが畳替えは手仕事なので
時間をかけて作ってもらう方が絶対にお得です。

ぜひ、閑散期を狙ってください。
また、当日仕上げもなるべく避けるようにしましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

  1. 天然畳から和紙の畳へ

  2. 畳を替えるのにいくらかかるの?

  3. 神戸で唯一、産地で素材作りからこだわっています

  4. 赤ちゃんに畳がオススメな理由

  5. 【疑問】畳の新調ってなに?はじめは僕もわかりませんでした

  6. 中古住宅を買ったら畳を替えないといけない理由