「畳を上げて戻したら、入らなくなってしまいました、、、、」

こんにちは!神戸市西区にある畳のヤスダ、保田貴政です。
今日はお客様からよくある質問にお答えしましょう。

Q畳を上げて戻したら、入らなくなってしまいました、、、

これはお客様からよくある質問です。
お掃除の時に畳を上げて戻した入らなくなったとのことです。

実は畳は1枚1枚大きさが異なります。
ですから畳の入れる場所が同じでも向きが間違っていると
入らないことがあります。

畳の裏に西元とか東先南マと、なにかしら印が入っていると思います。
(※施工した畳屋さんによっては表記は違う場合があります)

簡単に説明すると西元と書いてあれば
方角が西ということです。西方向に向いて右側に置きます。
ちなみに、は向かってを指します。
東先と書いていれば方角がで先は向かって左側を指します。

ただこれも施工した畳屋さんによっては方角を適当に決めている場合が
ありますのでなんとも言えません、、、、

1回入らなくなるとなかなか難しいと思います。
入らない場合は畳が傷つくので無理せずお近くの畳屋さんに相談しましょう!

もし畳を上げてお掃除をするときは元の場所と方向がわかるように
印をつけておきましょう!!

フランスからも畳の注文がある畳屋
畳のヤスダ
保田貴政
住所:兵庫県神戸市西区高塚台3丁目2-4(西神工業団地内)
営業時間AM8時~PM18時 定休日:日・祝
お電話、FAX :078-991-2563

(朝8時〜夜18時 日・祝定休日)

メール:info@tatami-yasuda.com(24時間受付)

関連記事

  1. 「畳のお手入れBOOK」

  2. 「神戸・西区・押部谷・古い畳・処分」

  3. 「畳の担ぎ方?」

  4. 畳サイズのイロハ

  5. 「お客様からよくあるタタミの質問!!」

  6. 「お客様からよくあるタタミの質問!!」