「イ草の秘密!!PART2」

こんにちは。神戸市西区にある畳のヤスダ、保田貴政です。
前回に引き続き、次にイ草農家山本さんの後半戦をお伝えします!!

乾燥後はこんな感じ~

青々としていたイ草が一気に色が変わりましたね。
このようにカラカラの状態になり水分が吸収されます。

畳替えをした直後に畳表から虫が出たと言われることがありますが
ご覧の通りここまで乾燥させますので虫が付いてい生きていることはないのでご安心くださ~い!

イ草を袋に詰め込みます!

このようにして乾燥させたイ草は丁寧に袋に詰めこんでいきます。
変色を防ぐために黒い袋に詰め込みます。
写真だとわからないのですが乾燥した染土が舞っているので粉塵用マスクが必須です!!
この作業後は体中に染土だらけになるのでここでお風呂タイムになります。

午後から、網を外します

イ草は150センチほどの長さに成長します。
ですから風や雨が降って倒れたり、折れたりしないように
全体に網をかけています。

そして、また刈り取りが始まります。

この機械はイ草専用の刈り取り機で、現在では生産終了されており
イ草農家さんにとってはとても貴重なものなのです。

この機械の運転もとても難しく、まだまだ慣れませんね、、、、笑

くいを集めます

このくいはイ草の網の紐を留めるのに使います。
慣れない田んぼでの作業なので歩きにくくとても大変です。
これも1本1本集め終わると、長かったイ草農家さんの1日の作業は終わりです。

イ草農家の山本さんと記念撮影!

山本さん、今年もお世話になりました!!
来年も行きますので宜しくお願い申し上げます。
畳表になるのを楽しみにしています。

フランスからも畳の注文がある畳屋
畳のヤスダ
保田貴政
住所:兵庫県神戸市西区高塚台3丁目2-4(西神工業団地内)
営業時間AM8時~PM18時 定休日:日・祝
お電話、FAX :078-991-2563

(朝8時〜夜18時 日・祝定休日)

メール:info@tatami-yasuda.com(24時間受付)

関連記事

  1. 「今年も行ってきました!!イ草の一大産地、熊本!!」

  2. ヘリなし畳と琉球畳を作れない畳屋さん

  3. 「イ草の秘密!!最終章」

  4. 「イ草刈り取り応援 パート1」

  5. 「日本一のイ草産地へ№2」

  6. 「日本一のイ草の産地へ№3」