フローリングに畳

こんにちは、畳のヤスダです。
今回はフローリングに畳を納品させていただきました。

洋室が多くなってきており和室の部屋が少なくなっている一方、
このように和室に畳を敷かれるご依頼がどんどん増えております。

果たしてフローリングに畳を敷くとどうなるのでしょうか?
それでは早速ご覧ください。

施工前

施工前はこのように6畳洋室のフローリングです。
この状態から畳専用のレーダーでお部屋の歪みを測ります。

このことを畳の採寸と呼びます。
畳は1枚1枚オーダーメイドなので畳を新しくする場合には採寸が必要となります。

15分もあればお部屋の歪みを測ることができます。

施工後

今回はヘリなし半畳で納品させていただきました。
カラーはダイケン和紙の灰桜です。

市松敷きにすることで1色だけでも
とてもお洒落な雰囲気に仕上がります。

制作期間は2日ほどで洋室から和室に仕上がります。

フローリングに畳をお考えの方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

畳のカラーも豊富

当店ではたくさんの種類の畳もご用意しております。
実物サンプルを確認できますのでお気軽にご連絡くださいませ。

 

関連記事

  1. 神戸市須磨区、熊本産畳張替え

  2. [施工例]神戸市垂水区・畳張り替え

  3. 洋室から和室へ(茶室)

  4. 「神戸・お寺・たたみ」

  5. 苔谷公園コミュニティセンターの障子張り替え

  6. 「神戸 お寺 たたみ」